• Instagram
  • facebook
  • twitter

博多の豆知識

ゆかりの人物 豊臣秀吉 博多の町の復興“太閤町割り”

豊臣秀吉[とよとみ ひでよし]  豊国神社 博多の町は大内氏の没後、大友氏と毛利氏、大友氏と島津氏による合戦で荒廃を極めました。 1587年に九州平定を成し遂げた豊臣秀吉は、石田三成や黒田官兵衛(後の如水)に荒廃した博多の町の復興を命じました。復興にあたっては......

豆知識 福岡市と博多駅  武士の町と商人の町

九州の玄関口と言われる福岡県の県庁所在地が福岡市ですがその福岡市の玄関口と言われるJRの駅名はなぜか博多駅なのです。 明治に52万石として栄えた武士の町、福岡と商人の町であった博多が合併して市になることになりました。 そこで、市の名前を「福岡」にするか「博多」......

豆知識 【山笠まめ知識】鎮めの能  追い山笠の後に

7月15日早朝、4時59分、大太鼓の音に合わせ一番山笠が櫛田入しその後5分毎に二番山笠、三番山笠と約120メートルの櫛田入を行う追山笠は、博多祇園山笠のクライマックスでありテレビの生中継等も行われておりますので、ご覧になった方も多いと思います。 そして、約1時......

豆知識 【山笠まめ知識】山舁き衣装  締め込みのこぼれ話

舁き手の衣装は「締め込みに水法被」と表現されますが、それだけではなく、素肌に「たすきお守り」をかけ、頭には役割を示す「ねじり鉢巻き」胴には「サラシの腹巻き」をつけ、足は「脚絆」に地下足袋。「舁き縄」を右腰の締め込みに挟んでいます。 このような衣装になったのは明......

ゆかりの人物 謝国明 国際都市・博多で活躍した“大楠様”

謝国明[しゃこくめい] 日宋貿易が盛んであった頃、博多は多くの外国人商人の往来する国際都市でした。      大楠様 その中で、博多の地に住居を構える者も現れ、「博多綱首」と呼ばれるようになりました。 彼らは当時の寺社との結びつきが強かったと言われており、その......

ゆかりの人物 大賀宗九 武士から貿易商に転身した博多豪商

大賀宗九[おおが そうく] 安土・桃山時代から江戸時代にかけて活躍した博多豪商・三傑(他:神屋宗湛、嶋井宗室)の一人であり、大賀家は元々豊後の大友氏に仕える武士でしたが、大友氏の没落後に商人に転身したと言われています。   大賀宗九の墓所 「幻住庵」 福岡藩主......

ゆかりの人物 嶋井宗室 千利休との親交があった博多豪商

嶋井宗室[しまい そうしつ] 戦国時代から江戸時代にかけて活躍した博多豪商・三傑(他:神屋宗湛、大賀宗九)の一人であり、日朝貿易で巨万の富を築いたと言われています。         崇福寺 神屋宗湛と共に、博多の再興や福岡城の築城に尽力した人物で茶道や禅に精通......

ゆかりの人物 神屋宗湛 豊臣秀吉ゆかりの博多豪商

神屋宗湛[かみや そうたん] 戦国時代から江戸時代にかけて活躍した博多豪商・三傑(他:嶋井宗室、大賀宗九)の一人であり、茶人としても世に広く知られた人物です。   神屋宗湛居士墓所 曽祖父の寿貞は石見銀山の本格的開発に携わった人物であり、宗湛以前から豪商の地位......

ゆかりの人物 聖一国師 博多祇園山笠発祥のひみつ

聖一国師[しょういちこくし] 鎌倉中期の臨済宗の僧        承天寺 宋から帰国後に博多綱首・謝国明の協力を得て承天寺を開山しました。 聖一国師は宋から、うどん・そば・羊羹・まんじゅうなどの製法を日本に持ち込み伝えたと言われています。 また、当時、博多で疫......

ゆかりの人物 菅原道真 “学問の神”が博多に舞い降りた

菅原道真[すがわら みちざね] 平安時代の学者・政治家・漢詩人として有名です。 綱敷天満宮 当時、宇多天皇に重用され、右大臣にまで登りつめましたが、政争に敗れ、大宰府に左遷されました。 901年に博多に上陸したとき、長旅の疲れと心労で髪も髭も白くみすぼらしい姿......

博多の魅力