博多の豆知識

博多の豆知識

博多祇園山笠 博多を代表するお祭り

詳細はこちら

博多祇園山笠は、毎年7月1日から15日にかけて開催され、期間中10数メートルの絢爛豪華な飾り山笠が市

博多松囃子(はかたまつばやし) 博多どんたくの源流

詳細はこちら

松囃子は、本来、小正月(旧正月15日)の行事で、新年を祝う民俗行事でした。 博多松囃子の起源について

博多仁和加(はかたにわか)  ユーモアな即興笑劇

詳細はこちら

博多仁和加は、福岡市指定無形民俗文化財として、長い歴史と伝統を持つ郷土芸能です。 「ぼてかずら」に「

くぐると無病息災の御利益!? 博多どんたくの傘鉾

詳細はこちら

博多どんたくの三福神の行列で見かける華やかな傘鉾(かさぼこ)。 さまざまな絵や書が描かれた傘鉾は三福

山笠のあるけん博多たい!

詳細はこちら

「山笠のあるけん博多たい!」 多くの人が知っているこの有名なフレーズ。 元々は「洋菓子の欧州」という

博多織 七百余年の歴史を織り込み、現代に蘇る

詳細はこちら

福岡の伝統工芸品の代表格であり、国の無形文化財にも指定されています。 仁和二年(1241年)、聖一国

博多人形 国際的にも評価が高い日本代表の人形

詳細はこちら

福岡の伝統工芸品の代表格であり、福岡県の無形文化財にも指定されています。 慶長五年(1600年)、福

博多独楽 日本の独楽芸の発祥(ルーツ)

詳細はこちら

江戸時代、木台に鉄芯を打ち込んだ心棒を持つ博多独楽が作られ、日本各地に伝わる独楽芸の発祥(ルーツ)と

博多張子 伝統的な博多の郷土玩具

詳細はこちら

江戸中期、博多御用商人が上方(大阪)へ行った際、張子の作り方を学んできたといわれ、特に「起きあがりこ

博多曲物 子どもの祝い膳“ポッポ膳”

詳細はこちら

博多曲物の起源は一説には神功皇后の時代まで遡るとも言われており、元禄時代の貝原益軒の著「筑前国続風土

博多鋏 入手困難な切れ味抜群のハサミ

詳細はこちら

博多鋏は日本の伝統的な鍛冶技法で作成され、抜群の切れ味で知られています。 鎌倉時代に南宋から帰化した

川上音二郎 日本で最初の世界的エンターテイナー

詳細はこちら

川上音二郎は1864年博多の大きな藍問屋に生れ世界を駆け巡った明治の演劇人です。 14歳の時に博多港

黒田官兵衛 福岡藩祖

詳細はこちら

戦国時代 合戦により荒廃した博多の町の復興を豊臣秀吉から命じられた中津藩主 黒田官兵衛孝高は、博多商

八尋 利兵衛 せいもん払いを始めた男 

詳細はこちら

明治の博多を盛り上げたアイディアマン・博多商人の八尋利兵衛。 キャナルシティ博多近くの清流公園にある

空海 最初に開いた真言密教のお寺が博多に!

詳細はこちら

空海[くうかい] 平安時代初期の僧で真言宗の開祖、弘法大師の称号で親しまれています。        

菅原道真 “学問の神”が博多に舞い降りた

詳細はこちら

菅原道真[すがわら みちざね] 平安時代の学者・政治家・漢詩人として有名です。 綱敷天満宮 当時、宇

聖一国師 博多祇園山笠発祥のひみつ

詳細はこちら

聖一国師[しょういちこくし] 鎌倉中期の臨済宗の僧        承天寺 宋から帰国後に博多綱首・謝

豊臣秀吉 博多の町の復興“太閤町割り”

詳細はこちら

豊臣秀吉[とよとみ ひでよし]  豊国神社 博多の町は大内氏の没後、大友氏と毛利氏、大友氏と島津氏に

神屋宗湛 豊臣秀吉ゆかりの博多豪商

詳細はこちら

神屋宗湛[かみや そうたん] 戦国時代から江戸時代にかけて活躍した博多豪商・三傑(他:嶋井宗室、大賀

嶋井宗室 千利休との親交があった博多豪商

詳細はこちら

嶋井宗室[しまい そうしつ] 戦国時代から江戸時代にかけて活躍した博多豪商・三傑(他:神屋宗湛、大賀

大賀宗九 武士から貿易商に転身した博多豪商

詳細はこちら

大賀宗九[おおが そうく] 安土・桃山時代から江戸時代にかけて活躍した博多豪商・三傑(他:神屋宗湛、

謝国明 国際都市・博多で活躍した“大楠様”

詳細はこちら

謝国明[しゃこくめい] 日宋貿易が盛んであった頃、博多は多くの外国人商人の往来する国際都市でした。

福岡空港 日本一便利な空港

詳細はこちら

福岡市の空の玄関「福岡空港」は、日本一便利な空港と言われています。都心に非常に近いのです。地下鉄に乗

大博通りに おポンプ様!?

詳細はこちら

大博通りに設置されている,その名も“おポンプ様”。 現在は使用されていないのですが,1945年の福岡

神社も国際的

詳細はこちら

博多港は韓国を中心に日本一の国際乗降客数と言われています。 2時間55分でジェットホイルが博多~釜山

福岡大仏 博多に日本最大級の木造座像

詳細はこちら

五重塔が有名な東長寺ですが,実は日本最大級の大きさを誇る木造座像の大仏があるのをご存知ですか。 仏像

【山笠豆知識】長法被(当番法被) 山笠期間中の正装

詳細はこちら

6月1日。博多に夏を告げる「博多祇園山笠」の男達にとって待ちに待った長法被着用解禁の日です。 この日

石碑が教える博多旧町名

詳細はこちら

豊臣秀吉の太閤町割りによってできた博多の旧町。 それぞれに由来ある名称をもった公称133の旧町は,昭

【山笠豆知識】への字

詳細はこちら

追い山笠は1トンもの重量があるので、山笠の表を舁いているときに転倒したり、狭い道で山笠台と電柱などの

博多駅構内に境界線!?

詳細はこちら

博多駅の構内にこのような境界の印があるのをご存知ですか? これは,JR九州とJR西日本の境界の印で,

【山笠豆知識番外編】北の山笠

詳細はこちら

「芦別健夏山笠(あしべつけんかやまかさ)」は北海道のほぼ中央部にある芦別市で毎年7月の第3土曜日に開

博多のアイデアマン 田中諭吉

詳細はこちら

  節分の時期になると,櫛田神社の入口に飾られる「大おたふく面」   これは,

【山笠豆知識】差し山と堂山

詳細はこちら

一番、三番といった奇数の山笠を「差し山」と言い、二番、四番といった偶数山笠を「堂山」と呼びます。 「

東京タワーの弟!? 博多ポートタワー

詳細はこちら

市内が一望できる博多港のシンボル「博多ポートタワー」を設計した,建築家・内藤多仲氏は,東京タワーや大

三社参り

詳細はこちら

福岡にはお正月に三社参りを行う風習がありますが、江戸時代、福岡藩主の黒田家も三社参りをされていたそう

博多の秋の賑わい 博多秋博

詳細はこちら

博多では、春の「博多どんたく」、夏の「博多祇園山笠」と伝統ある祭りが有名ですが、秋にも博多らしいイベ

博多を学ぶ!? 博多っ子講座

詳細はこちら

博多のまちおこし団体「はかた部ランド協議会」が開催する、博多の歴史や文化など幅広~い分野を学ぶ「博多

【山笠豆知識】山笠を支える ”ごりょんさん”

詳細はこちら

博多祇園山笠は大勢の舁き手で賑わう男衆の祭りのイメージがありますが、忙しい男衆が安心して山笠を舁ける

まちをスイスイ 博多の”歩き方” 

詳細はこちら

まちで見かけるちょっと変わった”博多の足”。 博多のまちは、小道を歩いて巡るのはもちろんですが、「語

散策を手伝ってくれるアプリ!? 福岡歴史なび

詳細はこちら

スマートフォンが普及し、便利なアプリがたくさんありますが、まち歩きしながら、福岡市の歴史・文化遺産を

屋根のない2階建てバス!? オープントップバス

詳細はこちら

日本初となる国産オーダーメイドの2階建てオープントップバス。 屋根がないので,約3.2mの高さから福

「博多」「福岡」の名前の由来

詳細はこちら

■博多の名称 博多の名称は「続日本記」(759年)の中に博多大津という名称があります。その名称の由来

丸天うどん 博多ではこれも天ぷら

詳細はこちら

博多のうどんの具で独特なものが「丸天」です。 丸い形の天ぷらだから「丸天」と言います。どんぶりに合わ

うどん・そばも饅頭も  発祥の地博多

詳細はこちら

うどんといえば讃岐、そばは信州などが有名ですが、うどんもそばもそして饅頭も博多が発祥の地と言われてい

博多のおつまみ「酢もつ」

詳細はこちら

全国的に有名になりました「もつ鍋」は、多くの方が一度は、食べられたことがあるのではないでしょうか。

ラーメン 麺のかたさ

詳細はこちら

博多のラーメンの特徴としては、ストレートの細麺に乳白色の豚骨スープです。 細麺でのびやすいため大盛り

うどん屋の定番メニュー「かしわめし」

詳細はこちら

博多で「かしわめし」は、がめ煮などと同じくらい無くてはならないものです。 祭りや運動会などの行事、お

その昔、博多の朝食の定番「おきゅうと」

詳細はこちら

「おきゅうと」、初めて聞かれる方も多いかもしれません。 見た目は、ところてんかこんにゃくみたいです。

居酒屋での定番!ごまさば

詳細はこちら

玄界灘に面し新鮮な魚介類が水揚げされる博多では、全国的には生で食べることの少ない「サバ」が以前から刺

博多にしかない!あぶってかも

詳細はこちら

まるまると太った小魚(スズメダイ科)を網焼きしすぐ食べる。スズメダイの塩焼きですが、博多では広く「あ

ブリ、まる餅、かつお菜!博多雑煮

詳細はこちら

お正月に欠かせないもので、全国で食べられているのが雑煮です。また、地方ごとにそこそこの特徴があるのも

発祥地! 麺文化

詳細はこちら

聖一国師が宋より持ち帰った製粉技術により、博多はうどん・そば発祥の地とされています。 最近では小麦胚

作法いろいろ 二大「鍋」

詳細はこちら

博多の鍋の代表「水たき」。鶏がらをじっくり煮込んで作られた白濁の鶏ガラスープは、鍋を食べる前にいただ

博多土産のエース 辛子明太子

詳細はこちら

スケトウダラの卵を唐辛子に漬け込み、じっくり熟成して作ります。お酒の肴に、またごはんにも合う逸品です

何もかもがめくりこんだ「がめ煮」

詳細はこちら

鶏肉に里芋やゴボウ、レンコン、ニンジンなどを醤油で煮込んだ、博多の代表的な家庭料理です。 博多弁では

焼き鳥にキャベツ?

詳細はこちら

福岡・博多では結構焼き鳥屋を目にします。 福岡・博多の焼き鳥屋は、関東などの焼き鳥屋とちょっと違うと

博多のソウルフード 屋台

詳細はこちら

福博は日本最大の屋台のまちであり、約150軒が市内に点在しています。 その特徴は、ラーメン、焼き鳥、

博多の台所 柳橋連合市場

詳細はこちら

「魚がおいしいまち」福岡で、料理人が通う博多の台所と呼ばれているのが、「柳橋連合市場」です。 全長1

ページの先頭へ戻る