• facebook
  • twitter

博多の豆知識

伝統文化 博多曲物 子どもの祝い膳“ポッポ膳”

博多曲物の起源は一説には神功皇后の時代まで遡るとも言われており、元禄時代の貝原益軒の著「筑前国続風土記」によると、当時、筥崎八幡宮の祭事用具として使われていたとのことです。 杉や桧の板に熱を加えて曲げ、桜の皮で綴じて作り、おひつや弁当箱などの日用品の他、茶の湯......

伝統文化 博多張子 伝統的な博多の郷土玩具

江戸中期、博多御用商人が上方(大阪)へ行った際、張子の作り方を学んできたといわれ、特に「起きあがりこぼし」が庶民の暮らしの中で愛されてきました。 極上の手漉き和紙や新聞紙、フノリが材料で、ひとつひとつを手書きで彩色する伝統的な博多の郷土玩具です。 現在でも博多......

伝統文化 博多人形 国際的にも評価が高い日本代表の人形

福岡の伝統工芸品の代表格であり、福岡県の無形文化財にも指定されています。 慶長五年(1600年)、福岡城築城の際、瓦職人・正木宗七が瓦用の粘土で人形を作り、藩主黒田長政に献上したものがはじまりとされています。その後、文政年間(1818年)に中ノ子吉兵衛の作り出......

サイトタイトル