博多の豆知識

ゆかりの人物 八尋 利兵衛 せいもん払いを始めた男 

明治の博多を盛り上げたアイディアマン・博多商人の八尋利兵衛。 キャナルシティ博多近くの清流公園にある「博多町家寄進高灯籠」は,常夜灯として明りを灯していましたが,四面にはびっしりと協賛した商店の屋号が刻み込まれており,当時では珍しい広告塔としての役割も果たして......

豆知識 博多駅構内に境界線!?

博多駅の構内にこのような境界の印があるのをご存知ですか? これは,JR九州とJR西日本の境界の印で,赤色がJR九州、青色がJR西日本の管轄になります。 よーく見てみると,ここを境に案内看板のデザインも違っていますよ。 博多駅を利用される際に,探してみてください......

せんとくんの兄弟!? 博多駅の縁結び七福童子

博多駅前広場の大屋根の柱をよ~く見ると…電車ごっこをしている“縁結び七福童子”が! 童子の頭を撫でるとご利益がある!?と噂もあるようですが,これは手が届かない…という方は,博多駅の屋上「つばめの杜ひろば」にある七福童子の頭を撫でくださいね。 ちなみに,この「縁......

豆知識 大博通りに おポンプ様!?

大博通りに設置されている,その名も“おポンプ様”。 現在は使用されていないのですが,1945年の福岡大空襲にも耐え,1978年の福岡大渇水の時にも活躍。その後,通りの拡張工事で撤去される予定だったところ,市民の働き掛けで保存されることになったそうです。 “おポ......

食文化 ブリ、まる餅、かつお菜!博多雑煮

お正月に欠かせないもので、全国で食べられているのが雑煮です。また、地方ごとにそこそこの特徴があるのも雑煮です。 ここ博多にも「博多雑煮」があります。 特徴としては、焼きあご(とびうお)でとっただしにブリを入れます。餅はまる餅です。 その他の具として、かつお菜、......

ゆかりの人物 空海 最初に開いた真言密教のお寺が博多に!

空海[くうかい] 平安時代初期の僧で真言宗の開祖、弘法大師の称号で親しまれています。         東長寺 804年、遣唐使の留学僧として唐に渡り、当時の最先端の学問を学んだと言われています。天台宗の開祖である最澄とともに奈良仏教から平安仏教への流れを作った......

食文化 丸天うどん 博多ではこれも天ぷら

博多のうどんの具で独特なものが「丸天」です。 丸い形の天ぷらだから「丸天」と言います。どんぶりに合わせて丸い形にしたのが広まったと言われています。 この丸天は、魚の練り物を揚げたもので博多では、天ぷらと言います。ちなみに四角に揚げたものは角天です。スーパーなど......

伝統文化 博多鋏 入手困難な切れ味抜群のハサミ

博多鋏は日本の伝統的な鍛冶技法で作成され、抜群の切れ味で知られています。 鎌倉時代に南宋から帰化した謝国明が伝えたとされ、江戸時代には「唐鋏」と称されていました。幕末には、刀鍛冶師・安河内卯助によって改良が加えられ、明治時代のはじめに「博多鋏」と改称されたとの......

食文化 その昔、博多の朝食の定番「おきゅうと」

「おきゅうと」、初めて聞かれる方も多いかもしれません。 見た目は、ところてんかこんにゃくみたいです。原材料は、エゴノリと沖天を7対3の割合で、混ぜ合わせ成型したものです。 食べ方は、1センチ前後くらいの短冊状に切って、カツオ節に、薬味としておろした生姜、刻み葱......

豆知識 東長寺の大仏  日本最大級の木造座像

東長寺には、福岡大仏という木造としては国内最大級の釈迦如来像があります。実に高さ10㍍80㌢の巨大な物です。 ご住職のお話では、人間が持っている108の煩悩をこの大仏で無くして頂こうということで10.8㍍の高にされたそうです。 この福岡大仏を作られた理由をお聞......

MENU

サイトタイトル