コラム

TOP > 博多ガイドの会 > コラム > 承天寺の「麦畑」

承天寺の「麦畑」

2018年06月25日(月)
コラムニスト

承天寺を開いた、聖一国師は、1241年に中国から帰国した際に、製粉の技術を持ち帰り、うどん、そば、まんじゅう等の粉物文化を全国に広めていきました。
境内には、「饂飩、蕎麦発祥之地」と言う石碑があります。前回は石碑周辺の、「そば畑」 について記しましたが、今回は、「そば」に代わって「麦」が植えられています。小さな「麦畑」ですが、すくすく伸びる麦を楽しむ事ができます。

MENU

サイトタイトル