• Instagram
  • facebook
  • twitter

観光スポット

TOP > 観光スポット一覧 > 光明山 善導寺 霊夢により、開基

カテゴリ:すべて

エリア

カテゴリ:人気スポット

エリア

カテゴリ:お寺

エリア

カテゴリ:神社

エリア

カテゴリ:名所・旧跡

エリア

カテゴリ:博多みやげ

エリア

光明山 善導寺 霊夢により、開基
ぜんどうじ

大浜周辺

浄土宗鎮西派の善導寺は、浄土宗の祖である法然上人の跡を継いだ鎮西聖光上人によって
建暦年間(1211~1213年)に建立されました。
善導寺縁起によると、聖光上人が豊前彦山で念仏勧行中、唐僧で中国浄土門の開祖である、善導大師が博多へ着く夢を見ます。(=「博多に降り立ったので、汝早くわれを迎えに来るべし。」とのお告げ)
英彦山座主の蔵慶にも同じ夢告のあったことから、二人で博多津へと急ぎ、やがて松原樹下に善導大師像を見出しました。
この善導大師像をお祀りするために善導寺は創建されたそうです。

創建当時は、「善導寺」という名ではなく、聖光上人による百日説法が行われていたことから「博多談議所」と呼ばれていました。
本堂はラオス檜で造られており、また善導大師、鎮西上人像、梵鐘、蒙古碇石は県指定の文化財に指定されています。

住所 博多区中呉服町6-24
お問い合わせ先 092-291-0475
スポットURL http://zendouji.com/

関連記事

博多の魅力