• Instagram
  • facebook
  • twitter

コラム

南雲 悟朗さんのコラム一覧

弥生人の足跡(あしあと)ってどんなもの?

2021年07月21日(水)
コラムニスト

博多のメインストリートである大博通りの「歴史の散歩道」に【稲作文化の原点・水田と足跡(スタートから3番目のポイント)】の展示があります。ここに展示してある遺跡は那珂久平遺跡の写真です。......

「今日(5/28)の博多の街を散策する」

2020年06月08日(月)
コラムニスト

新型コロナウィルスが発生している中、5月25日には、緊急事態宣言が全面解除になりました。また、観光については、県内で徐々にではありますが緩和となったことから、今日の博多の街はどんな状況......

「大楠様(謝國明のお墓)」になぜ馬頭観音石碑が?

2020年02月13日(木)
コラムニスト

12世紀の末ごろ宋(中国)で生まれた謝國明は日宋貿易で財を成し、日本で初めて国師号(僧)を与えられた聖一(しょういち)国師[円爾(えんに)]の渡宋を支援していて、円爾が帰国すると、彼の......

菩提樹が実をつけています(菩提子)

2019年10月15日(火)
コラムニスト

今年6月5日のコラムで、 「福岡市博多区 博多駅前1丁目にある承天寺 には、「常楽院」の横と「洗涛庭(せんとうてい)」に菩提樹があり、丁度今がその花の見ごろで、淡黄色の小さな花を枝一杯......

菩提樹

2019年06月10日(月)
コラムニスト

福岡市博多区 博多駅前1丁目にある「承天寺」には、「常楽院」の横と「洗涛庭(せんとうてい)」の中にそれぞれ一本ずつの菩提樹があり、丁度今がその花の見ごろで、淡黄色の小さな花を枝一杯につ......

博多の魅力―冬の承天寺の庭園―

2019年01月31日(木)
コラムニスト

私は承天寺の庭園が好きで、度々訪れるのですが、冬の承天寺は訪れる回数が少なく、しかも、時間をかけて見ていないことに気づき、先日ゆっくり見てきました。夏の庭園は、平成28年4月の「博多だ......

恵比須橋の袂の「大魚を抱える恵比寿様」

2018年09月06日(木)
コラムニスト

御笠川左岸の「恵比須神社」前に恵比須橋があります。この橋の袂に大きな魚を左脇に抱えた(尻尾の一部が後頭部に見えている)立派な恵比須様が建てられています。 恵比須神社は、櫛田神社の末社で......

承天寺の「麦畑」

2018年06月25日(月)
コラムニスト

承天寺を開いた、聖一国師は、1241年に中国から帰国した際に、製粉の技術を持ち帰り、うどん、そば、まんじゅう等の粉物文化を全国に広めていきました。 境内には、「饂飩、蕎麦発祥之地」と言......

大博通り 歴史の散歩道

2018年02月08日(木)
コラムニスト

博多遺跡群出土品が昨年8月に、重要文化財指定を受けました。 昭和48年地下鉄工事に先行して発掘調査が始まると、今まで文献資料でははっきりしなかった中世博多が見えてきたのです、現在までの......

博多祇園山笠追い山コースの「隠れた難所」

2017年11月09日(木)
コラムニスト

世界遺産にも認定された、博多山笠のクライマックスである「追い山」は、今年も大観衆の見守る中、7月15日終焉を迎えました。 難所としでは、櫛田通りから西町筋入る場所が最大難所ですが、もう......

12

博多の魅力