• Instagram
  • facebook
  • twitter

コラム

TOP > 博多ガイドの会 > コラム > ギオンが飛び交う祇園?博多旧市街口駅

ギオンが飛び交う祇園?博多旧市街口駅

2022年04月08日(金)
コラムニスト

2022年2月福岡市営地下鉄祇園駅に副駅名が付けられました。皆さま、もうお気づきですか?さらにこの春、駅構内がさらに心躍るような装いになりました。
ホームのあちこちに、祇園周辺へといざなうたくさんのギオン(擬音)があふれていますよ。
つい笑ってしまうようなイラストを楽しんだら、さあ祇園を散策してみませんか。

まず大博通りへ出て、『どん!』と構えた福岡大仏のある東長寺へ。時間帯によって表情が移り変わる大仏様は優しそうで、また沢山の小仏様とのお姿は迫力満点!
夏の博多の風物詩・博多祇園山笠のギオンは、本当にたくさんありますよ。『おいさおいさ…』思わず流れの身振り手振りをまねてしまうほど。
また櫛田神社参道を歩けば、『トントン バターン』と機織りの音が響きます。時代を超えて博多の暮らしや歴史を感じられるギオンをぜひ楽しんで下さい。

皆さんも擬音を思い浮かべながら、中世最大の貿易湾都市・博多の街歩きを祇園駅から始めてみませんか?

関連記事

博多の魅力