観光スポット

観光スポット

南岳山 東長寺  弘法大師が日本で最初に開山した密教寺院

詳細はこちら

空海(弘法大師)が日本で最初に創建したお寺です。真言密教が東に長く伝わるようにと祈願されたそうです。
櫛田神社  博多祇園山笠の櫛田入りは祭りの最高潮

詳細はこちら

博多祇園山笠が奉納される神社で、飾り山笠が一年中展示されています。博多っ子からは「お櫛田さん」の愛称
筑前一之宮 住吉神社  最初の住吉神社

筑前一之宮 住吉神社  最初の住吉神社

ちくぜんいちのみや すみよしじんじゃ

詳細はこちら

日本で最も古い住吉三神を祀る神社と言われています。昔は博多湾(冷泉津)に面しており航海・海上の守護神
博多寺社町のウエルカムゲート 「博多千年門」

博多寺社町のウエルカムゲート 「博多千年門」

はかたじしゃまちのうえるかむげーと はかたせんねんのもん

詳細はこちら

【博多千年門 空撮映像】 「博多千年門(はかたせんねんのもん)」は、博多を訪れた観光客を歴史的文化
川端商店街

川端商店街

はかたかわばたしょうてんがい

詳細はこちら

博多リバレイン、博多座からキャナルシティ博多までをつなぐ、およそ400メートルのアケードに約100店

松林山 妙典寺 石城問答の地

しょうりんざん みょうてんじ

詳細はこちら

日蓮宗のお寺で、黒田藩士立花家の菩提寺です。 慶長8年(1603年)に、京都妙覚寺の僧侶日忠とキリス

萬松山 承天寺  聖一国師が開山した山笠などの発祥地

ばんしょうざん じょうてんじ

詳細はこちら

日本におけるうどん・そば・饅頭などの粉食文化や博多織の発祥地。また、博多祇園山笠の発祥地でもあります

石城山 妙楽寺  ういろう伝来の地

せきじょうざん みょうらくじ

詳細はこちら

今では名古屋名物の「ういろう」が伝来したお寺です。博多の豪商 神屋宗湛(かみやそうたん)・伊藤小左衛

冷泉山 龍宮寺  人魚の骨があるお寺

れいぜんざん りゅうぐうじ

詳細はこちら

鎌倉時代に人魚が捕えられ埋葬されたという伝説が残るお寺です。   ■人魚塚 創建時代は袖の

横岳山 崇福寺  黒田藩主のお墓がある寺院

おうがくざん そうふくじ

詳細はこちら

黒田家の菩提寺で如水、長政をはじめとする黒田藩主や博多の豪商島井宗室、玄洋社の頭山満などの墓地がある

瑞松山 円覚寺  福岡藩士立花実山直筆の南方録が残る

ずいしょうざん えんがくじ

詳細はこちら

福岡藩士立花実山直筆の「南方録」が伝承されており、茶と禅の道場として知られているお寺です。臨済宗妙心

節信院  勤皇派加藤司書が眠る

せっしんいん

詳細はこちら

幕末福岡藩の勤皇派を壊滅に追い込んだ「乙丑の獄」に散った加藤司書のお墓があるお寺です。臨済宗妙心寺派

潮音山 海元寺  博多の閻魔様を祀る

ちょうおんざん かいげんじ

詳細はこちら

閻魔様が祀ってあるお寺です。浄土宗鎮西派 ■閻魔堂 黒田光之公の宰臣鎌田九朗兵衛の槍もちであった源七

南岳山 東長寺  弘法大師が日本で最初に開山した密教寺院

なんがくざん とうちょうじ

詳細はこちら

空海(弘法大師)が日本で最初に創建したお寺です。真言密教が東に長く伝わるようにと祈願されたそうです。

綱敷天満宮  菅原道真ゆかりの神社

つなしきてんまんぐう

詳細はこちら

菅原道真が左遷され太宰府に向かう途中、博多に上陸した際に、漁人が舟の綱を輪にして敷物を作って出迎えた

若八幡宮  厄八幡として親しまれる

わかはちまんぐう

詳細はこちら

祭神は、大鷦鷯命(おおさぎのみこと:仁徳天皇)、大乙貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこ

筑前一之宮 住吉神社  最初の住吉神社

ちくぜんいちのみや すみよしじんじゃ

詳細はこちら

日本で最も古い住吉三神を祀る神社と言われています。昔は博多湾(冷泉津)に面しており航海・海上の守護神

櫛田神社  博多祇園山笠の櫛田入りは祭りの最高潮

くしだじんじゃ

詳細はこちら

博多祇園山笠が奉納される神社で、飾り山笠が一年中展示されています。博多っ子からは「お櫛田さん」の愛称

「博多町家」ふるさと館

はかたまちやふるさとかん

詳細はこちら

  「博多町家」ふるさと館は、明治中期の博多織の織元「三浦家」の町家(住居兼工房)を平成七

中洲 西日本一の繁華街

なかす

詳細はこちら

那珂川と博多川に囲まれた長さ約1キロ、幅約200メートルの細長いエリアです。 中洲の誕生は、福岡藩の

博多町家寄進高灯篭 広告塔の走り

はかたまちやきしんたかとうろう

詳細はこちら

中洲の南端の清流公園に立派な石灯籠が立っています。高さ約10メートルの石灯籠は、明治32年(1899

楽水園 池泉回遊式日本庭園

らくすいえん

詳細はこちら

博多駅近くにある日本庭園です。 明治39年に博多の商人が別荘として建てたもので、戦後は旅館「楽水荘」

三人舞妓 世界に評価された博多の文化

さんにんまいこ

詳細はこちら

那珂川を挟んで,武士の町「福岡」と商人の町「博多」が出会う場所として名づけられました「福博出会い橋」

福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール

ふくおかあんぱんまんこどもみゅーじあむ いん もーる

詳細はこちら

全国で5か所目、九州では初登場の「福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール」。 エントランスを入

葛城地蔵・将軍地蔵

かつらぎじぞう・しょうぐんじぞう

詳細はこちら

下町の風情が残る富士見坂に祀られている2つの地蔵尊。時代が異なりながらも、疫病退散のご利益や、町内で

川端飢人地蔵尊

かわばたうえにんじぞうそん

詳細はこちら

華やかな元禄の時代を経て、倹約の時代と言われた享保十七年(1732年)に全国的な大飢饉が起こり、博多

大同庵跡・古渓水

だいどうあんあと・こけいすい

詳細はこちら

豊臣秀吉が千利休に切腹を命じた事件で、京都の大徳寺を配流になった古渓和尚を迎えるために、博多の豪商・

博多小学校 石塁遺構展示室

はかたしょうがっこうせきるい

詳細はこちら

文永十一年(1274年)の文永の役で大きな被害を被った幕府は、次の襲来に備え、九州の御家人に命じて、

川上音二郎生誕記念碑

かわかみおとじろうせいたんきねんひ

詳細はこちら

川上音二郎の生誕記念碑は沖濱稲荷神社に建てられており、博多座に出演する俳優がお参りする姿も見られます

ベイサイドプレイス博多

べいさいどぷれいすはかた

詳細はこちら

2010年3月にリニューアルオープンした複合商業施設で、ショッピングからグルメまで楽しめます。 博多

博多ポートタワー・博多港ベイサイドミュージアム

はかたぽーとたわー・はかたこうべいさいどみゅーじあむ

詳細はこちら

博多港のシンボルとして親しまれている「博多ポートタワー」は、地上70mの展望台から360度の大パノラ

博多リバレイン

はかたりばれいん

詳細はこちら

演劇・アート・グルメ・ショッピング・宿泊施設の全てを兼ね備えたエンターテイメントスポット。 ブランド

キャナルシティ博多

きゃなるしてぃはかた

詳細はこちら

約4万3,500平米の敷地に、ショッピングモール、映画館、劇場、アミューズメント施設、2つのホテル、

はかた伝統工芸館

はかたでんとうこうげいかん

詳細はこちら

1階の企画展示室では、福岡・博多に関する伝統工芸品の展示会や、ワークショップ、講演会などが随時開催さ

博多座

はかたざ

詳細はこちら

「芸どころ博多」を象徴する劇場で、歌舞伎やミュージカルなどを興行しています。 5月末頃には、『六月博

福岡アジア美術館

ふくおかあじあびじゅつかん

詳細はこちら

アジアの近現代の美術作品を系統的に収集し展示する世界に唯一の美術館です。作品展示のほか、アジアのアー

JR博多シティ

じぇいあーるはかたしてぃ

詳細はこちら

約230の専門店ゾーン「アミュプラザ博多」をはじめ、九州初出店の百貨店「博多阪急」、日本最大級のレス

博多港国際ターミナル

はかたこうこくさいたーみなる

詳細はこちら

中央ふ頭地区にあり、高速船の「ビートル」(JR九州高速船)・「コビー」(未来高速)、フェリーの「ニュ

九州鉄道発祥の地碑

きゅうしゅうてつどうはっしょうのちひ

詳細はこちら

明治二十一年(1888年)に九州鉄道株式会社が設立され、同時に博多駅が開業、翌年から博多~久留米の間

鹿島本館 国の登録有形文化財

かしまほんかん

詳細はこちら

鹿島本館は平成19年に、福岡市としては初めて国の登録有形文化財になりました。大正~昭和初期に建築され

濡衣塚

ぬれぎぬづか

詳細はこちら

「無実の罪を負わされる」という意味の「濡れ衣」の語源で有名な碑。8世紀前半に京都から博多に赴任した筑

川端商店街

はかたかわばたしょうてんがい

詳細はこちら

博多リバレイン、博多座からキャナルシティ博多までをつなぐ、およそ400メートルのアケードに約100店

博多寺社町のウエルカムゲート 「博多千年門」

はかたじしゃまちのうえるかむげーと はかたせんねんのもん

詳細はこちら

【博多千年門 空撮映像】 「博多千年門(はかたせんねんのもん)」は、博多を訪れた観光客を歴史的文化

博多献上

はかたけんじょう

詳細はこちら

宝暦ごろから毎年正月に黒田藩は将軍に博多織を献上していました。この献上帯を定柄献上と呼んでいました。

博多ぶらぶら

はかたぶらぶら

詳細はこちら

白く、やわらかい求肥の周りに、さっぱりした小豆のあんがついて、材料の素朴な味をそのまま生かした博多の

千鳥饅頭

ちどりまんじゅう

詳細はこちら

伝統の銘菓 北海道産手亡豆とザラメで炊き上げた極上純白のこし餡を粉・卵・上白糖・米飴・蜂蜜のみを「て

雪うさぎ

ゆきうさぎ

詳細はこちら

純白でかわいい雪うさぎはお子様の人気者。博多に伝わる「うさぎ」の民話をもとにつくられました。ふわふわ

博多の女

はかたのひと

詳細はこちら

博多人形の優しく美しい面影が伝わる銘菓「博多の女」は、バームクーヘンに小豆羊羹を流し込み、食べやすい

博多通りもん

はかたとおりもん

詳細はこちら

柔らかいしろ餡が舌の上でとろける博多の傑作まんじゅう 博多に伝わる和菓子の伝統に、バターをはじめとす


より大きな地図で 観光スポット一覧 を表示

ページの先頭へ戻る