博多の豆知識

TOP > 博多の豆知識 > 博多鋏 入手困難な切れ味抜群のハサミ

博多鋏 入手困難な切れ味抜群のハサミ

伝統文化

博多鋏は日本の伝統的な鍛冶技法で作成され、抜群の切れ味で知られています。

鎌倉時代に南宋から帰化した謝国明が伝えたとされ、江戸時代には「唐鋏」と称されていました。幕末には、刀鍛冶師・安河内卯助によって改良が加えられ、明治時代のはじめに「博多鋏」と改称されたとのことです。
他の和鋏と異なる特徴は、博多鋏独特の文様である「菱紋」が刻まれていることです。

現在では、作り手がただ一人となっており、入手が難しいと言われています。

MENU

サイトタイトル