博多の豆知識

博多の豆知識

博多独楽 日本の独楽芸の発祥(ルーツ)

江戸時代、木台に鉄芯を打ち込んだ心棒を持つ博多独楽が作られ、日本各地に伝わる独楽芸の発祥(ルーツ)となりました。
現在東京、大阪などの寄席にある曲独楽は、博多独楽から手ほどきを受けたものの流れであり、その起源は博多独楽に他なりません。

博多独楽は博多に伝わる伝統芸能として、初代筑紫珠楽氏により復興、昭和33年に福岡県無形文化財に指定され、現在の二代目珠楽氏により歴史、独楽の製作、演技が継承され伝統が保持されています。

11月には、長男であり家元の寿楽氏が、宗家三代目筑紫珠楽を襲名することとなっています。

ページの先頭へ戻る