博多の豆知識

博多の豆知識

博多にしかない!あぶってかも

まるまると太った小魚(スズメダイ科)を網焼きしすぐ食べる。スズメダイの塩焼きですが、博多では広く「あぶってかも」として食べられています。
なぜ、「あぶってかも」と言われるようになったかと言いますと、あぶってすぐ食べると鴨の味がするから言われるようになったようです。
また、あぶってすぐ噛むが、なまって「あぶってかも」になったという説もあるようです。
ほとんどの魚は煮ても焼いても食べますが、頭からしっぽまで12~13センチくらいの小魚である、このスズメダイだけは炙ってしか食べません。
このスズメダイは、ほとんどの地域では、漁師さんの嫌われもので、網に掛かっても捨てられてしまうみたいですが、玄界灘に面したここ博多では、料理屋などでもメニューとして提供されています。
他の都市では食べれませんので、博多にお越しになった際には、是非お試しください。

あぶってかも

ページの先頭へ戻る