博多の豆知識

TOP > 博多の豆知識 > その昔、博多の朝食の定番「おきゅうと」

その昔、博多の朝食の定番「おきゅうと」

食文化

「おきゅうと」、初めて聞かれる方も多いかもしれません。
見た目は、ところてんかこんにゃくみたいです。原材料は、エゴノリと沖天を7対3の割合で、混ぜ合わせ成型したものです。
食べ方は、1センチ前後くらいの短冊状に切って、カツオ節に、薬味としておろした生姜、刻み葱、すり胡麻などをかけ、生醤油か酢醤油で食べるのが一般的です。
一昔前までは、博多の街では明け方より「おきゅうと売り」が売り歩く声が聞こえていました。それくらい博多の朝食の定番でした。
現在でもスーパーなどで売っていますし、居酒屋などの小鉢などでも見かけることもあります。
博多にお越しになった際には、一度食べて見られたら如何でしょう。

         おきゅうと

MENU

サイトタイトル