• facebook
  • twitter

コラム

地下神殿

2019年04月18日(木)
コラムニスト

博多区の桜の名所として知られる山王公園。
その下に、知る人ぞ知るナゾの「地下神殿」があることをご存知ですか?

実は、この地下神殿は、福岡市が「博多駅地区緊急浸水対策事業(レインボープラン博多)」の一環として整備した「山王2号」という巨大な雨水調整池なのです。

皆様もご記憶でしょうが、博多駅周辺では平成11年6月と平成15年7月の大雨により甚大な浸水被害を受けました。
このような災害を3度起こしてはならないとの思いから、この雨水調整池が造られました。また、「山王1号」は、山王公園野球場を1.8m掘り下げたもので、こちらも非常時には雨水を溜められるようになっています。

普段はその存在すら全く見えないこの調整池を皆様に見て頂こうと、博多ガイドの会では桜咲く3月に見学コースを企画しました。
ご参加の皆様は、地下神殿の圧倒的な迫力に驚いておられました。

※平成21年7月には、約5m貯水した印が残されています!

ここは、博多駅地区を人知れずひっそりと守り続けてくれている地下神殿なのです。

サイトタイトル