• facebook
  • twitter

コラム

TOP > 博多ガイドの会 > コラム > 博多の人 in 長崎

博多の人 in 長崎

2013年04月11日(木)
コラムニスト

長崎市の中心地近くにある官庁街のバス停の名は興善町。江戸時代初期、長崎に進出した博多商人「末次興善」の屋敷があったことから町名がつけられた。

2代目末次平蔵は長崎代官にまでのし上がったやり手だったが、4代目の時は中国との密貿易で島流しになっている。

屋敷跡を尋ねてみた。サント・ドミンゴ教会跡と書かれている。キリシタンだったが、棄教して、キリシタン弾圧を積極的におこなったという。教会跡に屋敷を構えるなんて、どんな気分だっただろうなあ?

サイトタイトル