博多だより

博多だより

コラムニスト一覧

南雲悟朗さんのコラム一覧

2017.04.27

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

明、朝鮮、琉球、シャム、ベトナムとの貿易で栄える博多は、多くの地域からの産物が集まる中世最大の貿易港

博多小学校に元寇防塁がある・・・その理由は・・・

2017.01.24

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

大博通りと昭和通りの交差点にある博多小学校は、新しく出来た小学校で、以前は奈良屋小学校でした。 13

承天寺の「そば畑」

2016.10.20

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

承天寺を開いた、聖一国師(しょういちこくし)は、1241年に中国から帰国した際に、製粉の技術を持ち帰

承天寺の古代ハスと桔梗

2016.07.18

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

承天寺の古代ハスが今年もまた、ピンク色の美しい花を咲かせています。 ハスは、日の出と共に咲き始め、昼

博多の魅力―承天寺の苔と松と巨石の調和美―

2016.04.14

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

つい先日迄、博多の街はソメイヨシノが満開で、人々は花を見上げながらの心地良い季節に浸っていました。

博多駅にある「縁結び七福童子」の豊かな表情

2016.01.07

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

博多口の大時計の下あたりに、「縁結び七福童子」があります。 九州の地図に、7人の縁結び童子が電車ごっ

承天寺の縄文時代の「古代ハス」その後

2015.09.28

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

2015.08.06 北村正彦さんのコラム「古代ハスに寄せて」に、縄文時代の遺跡から発掘され3粒の種

今年もやってきました 「船乗り込み」

2015.06.15

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

博多に初夏を告げる風物詩「船乗り込み」が今年も5月29日実施されました。猛烈な日差しの中,キャナルシ

博多織に二度目の挑戦

2015.02.23

コラムニスト:南雲悟朗

詳細はこちら

1月初旬、福岡の伝統工芸品の代表格である博多織の一回目の体験をしましたが、あの時の手や耳から伝わる感

ページの先頭へ戻る