• facebook
  • twitter

観光スポット

TOP > 観光スポット一覧 > 鏡天満宮・渡唐口跡

カテゴリ:すべて

エリア

カテゴリ:人気スポット

エリア

カテゴリ:お寺

エリア

カテゴリ:神社

エリア

カテゴリ:名所・旧跡

エリア

カテゴリ:博多みやげ

エリア

鏡天満宮・渡唐口跡
かがみてんまんぐう・ととうぐちあと

中洲周辺

博多リバレインモールの近代的な建物の一角でひと際異彩を放つ小さな神社です。
菅原道真が上陸した際に自らの姿を鏡に映したと伝えられ、江戸時代に奉納されたという鏡が祀られています。

【渡唐口跡】
唐の国へ渡る船の発着場所の跡地です。
中世の博多は、今よりずっと海が内陸に入り込んでいたので、大きな船を横付けすることができました。遣唐使によって、朝鮮半島や中国大陸との行き来が盛んになり、貿易の拠点となっていました。

名称 鏡天満宮・渡唐口跡
住所 福岡市博多区下川端3 博多川際
アクセス 地下鉄「中洲川端駅」下車すぐ 西鉄バス「川端町・博多座前」下車すぐ

大きな地図で見る

関連記事

サイトタイトル