観光スポット

観光スポット

大同庵跡・古渓水

だいどうあんあと・こけいすい

豊臣秀吉が千利休に切腹を命じた事件で、京都の大徳寺を配流になった古渓和尚を迎えるために、博多の豪商・神屋宗湛、嶋井宗室らが造った住居の跡。3年後、古渓和尚が大徳寺に帰山する際、恩返しに井戸を掘り、その水が古渓水として火難除けで珍重されたと言われています。

名称 大同庵跡・古渓水
住所 福岡市博多区奈良屋町4-25
アクセス 地下鉄「呉服町駅(2番出口)」「中洲川端駅(7番出口)」より徒歩約5分
時間帯
料金
お問い合わせ先
スポットURL

ページの先頭へ戻る