博多の豆知識

博多の豆知識

何もかもがめくりこんだ「がめ煮」

鶏肉に里芋やゴボウ、レンコン、ニンジンなどを醤油で煮込んだ、博多の代表的な家庭料理です。
博多弁では、「盗む,寄せ集める」ことを「がめる」と言います。つまり「材料をいろいろとってきて煮込む」あり合せのものを「何もかもがめくりこんで」煮込むことから、筑前煮とは呼ばず「がめ煮」になったと言われています。
もともとは、正月や祝いの席に出される料理でした。2~3日経つと味がしみ込み一段とおいしくなるとも言われています。

          がめ煮

ページの先頭へ戻る