博多の豆知識

TOP > 博多の豆知識 > 丸天うどん 博多ではこれも天ぷら

丸天うどん 博多ではこれも天ぷら

食文化

博多のうどんの具で独特なものが「丸天」です。
丸い形の天ぷらだから「丸天」と言います。どんぶりに合わせて丸い形にしたのが広まったと言われています。
この丸天は、魚の練り物を揚げたもので博多では、天ぷらと言います。ちなみに四角に揚げたものは角天です。スーパーなどでも一般に販売されています。
全国的に天ぷらといえば海老などに衣をつけて揚げたものですが、博多では両方を天ぷらと言います。
もちろん、うどんの具として、衣をつけた天ぷらも普通にメニューとしてありますので、博多では、海老の天ぷらが入れば「海老天うどん」かき揚げが入れば「かき揚げうどん」当然のごとく丸天が入れば「丸天うどん」と呼ばれています。
ちなみに、博多のうどんのもう一つの代表である「ごぼう天うどん」は、衣をつけた方の天ぷらです。
博多にきんしゃったら一度食べてみんしゃい。

丸天うどん

MENU

サイトタイトル