博多ガイドの会

TOP > 博多ガイドの会 > 新着情報 > 【博多ガイドの会】講演会「庶民目線の古文書で見た江戸期の山笠」

【博多ガイドの会】講演会「庶民目線の古文書で見た江戸期の山笠」

2018年06月27日(水)

博多ガイドの会の催しのご案内です☆

◆博多ガイドの会 講演会「庶民目線の古文書で見た江戸期の山笠」 

山笠があるけん博多たい、山笠は博多のモノ

いやいや江戸時代に福岡部を山笠が走ったことが・・・

博多の民家にあった江戸時代80年間にわたる山笠についての古文書、人形師が書いたも思われるそれには、毎年のテーマや人形、出来の良し悪し、黒田藩からの通達等が。

今回は江戸時代の古文書に詳しい福岡市博物館の学芸員が、わかりやすく説明します。

あなたの山笠の見方が変わるかも、この機会に是非お聴きください。

【募集日程】平成30年8月1日(水)
【時間】14:00~16:00
【場所】博多区役所 3F大会議室
【参加料】300円
【募集人数】50名(要申し込み)

☆申込方法☆

7月2日(月)9:00より受付開始です。
お申し込みの際は、下記の内容をお知らせください。
・希望のコース名
・参加希望日
・参加人数
・代表者氏名
・当日連絡が取れる連絡先
・その他、お住まいの区や年代など

☆申込先・問い合わせ☆
博多ガイドの会事務局(博多区役所企画振興課)
092-419-1012(平日9:00~18:00)

MENU

サイトタイトル