コラム

閻魔堂へ行きました。

2015年01月22日(木)
コラムニスト

石堂橋を渡って海元寺におまいりに行くと閻魔大王と奪衣婆の像があり不気味な様相でしたがよく見ると非常に優しいお顔をしている気もしてきます。これからも健康で穏やかに過ごせるように祈りました......

縁結び七福童子

2015年01月19日(月)
コラムニスト

JR博多駅屋上にあるつばめの杜(もり)広場の鉄道神社、ここで九州地図の上を電車ごっこをしている子どもたちがいます。「縁結び七福童子」です。 この像は「せんとくん」の作者の彫刻家 薮内佐......

博多のカケ言葉「承天寺の入り口」の意味

2015年01月12日(月)
コラムニスト

1242年創建、山笠発祥の地として知られている、博多の名刹、承天寺には、現在では写真の様な立派な山門(1991年再建)が建っているが、ここには、もともと山門がなかった。 博多のカケ言葉......

冬のおとなミュージアム

2015年01月08日(木)
コラムニスト

寒い日にお勧めのスポット:ミュージアム。現在福岡アジア美術館、福岡市美術館、福岡市博物館、3館で『愛』を共通テーマに展覧会が開かれています。(市美術館は2月3日から)期間中はギャラリー......

屠蘇(とそ)

2014年12月29日(月)
コラムニスト

新年の健康を祈って元旦に飲用する薬酒、霊薬。屠蘇散の略。頭蘇、酴酥、茶蘇などともかく。西域系外来語の音訳語と考えられる。山椒(さんしょう)、白朮(びゃくじゅう)、肉桂(にくけい)、桔梗......

煎茶道の祖 売茶翁『高遊外』

2014年12月22日(月)
コラムニスト

「お茶しない?」 皆さんは今、気軽に多くの場所でお好きなお茶を楽しんでいらっしゃいますよね! その昔、庶民は口に出来なかった頃の話・・・ 禅を説きながら風光明媚な処で煎茶を出す翁がおら......

心柱の懸垂について

2014年12月18日(木)
コラムニスト

五重塔の心柱を吊り下げる構法は地震時の振動を吸収するための対策といわれていますが、どうやら当初の意図はそうでないらしい。 塔は各重ごとに組物など小さい部材を横に数多く積み重ねているため......

東長寺でのガイド

2014年12月11日(木)
コラムニスト

今日は東長寺様で当番ガイドの日です。 今日も一日よろしくお願い致しますと大仏様、御本堂に手を合わせます。 昼近くになるとお詣りの人も増えてきます。 50代外国人夫婦が私に「!! !! ......

承天寺(じょうてんじ)の将軍地蔵(しょうぐんじぞう)

2014年12月04日(木)
コラムニスト

聖一国師開山の“承天寺に将軍地蔵さん”がおられるのをご存じでしょうか? 覚王殿の左手前に鎮座しています。 今回は、その内容について紹介します。 承天寺の将軍地蔵は、平成3年に、承天寺創......

お釈迦様のお導き

2014年12月01日(月)
コラムニスト

東長寺の定点ガイドを始めて早2年、多くの方と出会い案内をさせて頂きました。 今回はその出会いの中から、不思議な体験をした方の話です。 半年程前から当番の度にお見かけする女性が気になり、......

MENU

サイトタイトル