• facebook
  • twitter

コラム

TOP > 博多ガイドの会 > コラム > 愛着のある風景「筑紫通り」

愛着のある風景「筑紫通り」

2012年09月28日(金)
コラムニスト

今年5月に勤務先の事務所が東福岡高校近くの博多区東比恵3丁目から、
比恵町1丁目へ引っ越しました。

詳しく説明しますと博多駅から春日原まで南北に走る筑紫通りと空港から
平尾まで東西に走る百年橋通りが交わる瑞穂交差点の角っこです。

幼少より22歳まで筑紫通り沿線の宮園という町で育った私なので、
筑紫通りの事がとても大好きで戻ってこられて嬉しく思っとります。

最近知った事ですが、筑紫(つくし、ちくし)という名称は
古来より筑紫島(現在の九州)や筑紫国(現在の福岡市)などに使われており
何やら深い歴史が感じられますね。

追々詳しく調べて皆様にご報告できればと考えています。

関連記事

サイトタイトル