• facebook
  • twitter

コラム

TOP > 博多ガイドの会 > コラム > 博多の太閤町割りにかかわったとされる、外交僧、景轍玄蘇(けいてつげんそ)について

博多の太閤町割りにかかわったとされる、外交僧、景轍玄蘇(けいてつげんそ)について

2014年07月07日(月)
コラムニスト

景轍玄蘇(1537-1611)は宗像出生、博多聖福寺住職(第109世)から対馬にわたり、豊臣秀吉の朝鮮侵攻(文禄慶長の役)の前、中、後で、対朝鮮外交で活躍した漢文、詩文に優れた外交僧。戦前には、日本国王使を務める等、戦争回避のための外交で奔走するとともに、戦後には朝鮮通信使復活に尽力する等、日朝外交に多大な貢献をした禅僧。対馬厳原没。豊臣秀吉からの信頼、博多の豪商神屋宗湛(妻の兄)との関係から、太閤町割りの企画作成にかかわったとされている。

対馬厳原、西山寺にある景轍玄蘇の墓石

 

サイトタイトル