• facebook
  • twitter

コラム

TOP > 博多ガイドの会 > コラム > 「あじび」って、なに?

「あじび」って、なに?

2016年08月29日(月)
コラムニスト

正式な名称は、「福岡アジア美術館(リバレインセンタービル7・8階)」
”アジア美術館”からの略語?で、「あじび」と呼ばれているようです。
場所は、川端商店街を出た「明治通り」沿いのリバレイン・ビルの7階
と、8階にあります。(エレベータで、簡単自由に出入りできますよ)

とてもユニークな美術館で、10時から~20時まで開館しています。
知的な好奇心も刺激され、自分なりの感性を磨くのに最適な施設です。
博多のまちにある「あじび(美術館)」は、不思議で愉しい所です。

7階のオープン・スペースには喫茶店もあり、ゆっくりできます。
街中にあるので、散策のついでに寄っていくには最適な場所です。
日々の行動範囲に、組み入れてみるのはいかがでしょうか。

<施設の紹介文>
アジアの近現代の美術作品を系統的に収集し展示する世界に唯一の美術館。
作品展示のほか、アジアのアーティストを招いてワークショップなども行
っており、ミュージアムショップには、オリジナルグッズや関連出版物な
ども販売しています。アジアの近現代美術作品の展示は、世界のどの美術
館とも異なる独自性と魅力を持っています。

(写真提供:福岡市)

サイトタイトル