博多だより

縁結びの『下照姫神社』(一)

縁結びの『下照姫神社』(一)

2013.09.12

コラムニスト:

櫛田神社から住吉神社に向かう途中にある小さな可愛いい神社「下照姫神社」をご紹介します。
こちらは住吉神社の摂社で、ご祭神の下照姫(シタテルヒメ)は、縁結びで有名な出雲大社のご祭神である『大国主命』(オオクニヌシノミコト)の娘さんです。

下照姫はその名の通り容姿美麗にして地上を照らすほどに美しく、大国主命の国造りをたすける役目を果たしたと言われています。
江戸時代には吉祥天(古代インドの女神)社と言われ、町の守護神として信仰されたそうです。余談ですが、顔見知りの女性の方がここにお参りした後、思わぬ出会いそしてとんとん拍子にお話が進み結婚。御利益でしょうか。
「もう色恋はよかあ」と仰る方も、こちらは男女のご縁だけではなく、ご先祖様をはじめご親戚や家族や友人など広い意味での良いご縁を結んで下さるそうです。機会がありましたら足をお運び下さいませ。

ページの先頭へ戻る