博多だより

水引細工の新しい風

水引細工の新しい風

2017.05.11

コラムニスト:

4月27日(木)NHKのテレビ番組「あさイチ」の、ピカピカ☆日本と言うコーナーの中で、いま注目の”古くて新しい”工芸品として博多水引が紹介されました。

博多ガイドの会5月のまち歩き企画 ”ワクワク どきどき 町家ウオッチング”で、まさに今!案内中の博多区上呉服町にある「ながさわ結納店」での中継でした。

二代目の長澤宏美さんは、結納品や冠婚葬祭の飾りに使われ、浄化する意味をもつ縁起物の水引が若い人も日常使いできる身近なものになれば、結納の意義も見直されるのでは?と思い、デザイナーとしての感性を活かし、博多山笠の躍動感と勢い、博多の町の粋を感じさせるカラフルな色使いと手仕事の美しさを”博多水引”のブランドとして考案されました。

G7(先進7か国)エネルギー会議で、各国代表へのお土産として7か国と国連の旗の色を使ったボトルリボンが贈られ、話題になりました。

今回のまち歩きでは、店内で話を聞きながら博多水引を紹介するので、わかり辛い店の場所も案内でき、参加者にも喜んで頂いています。

是非近くに来られた時は、この水引細工の新しい風を感じて頂きたいと思います。

 

ページの先頭へ戻る