博多だより

桜

2017.03.24

コラムニスト:

大神宮 天照大神の御神門は「桜」です。

春らしい気候にもなり桜が咲き始めましたね。
櫛田神社の境内には,桜が17本ほどあります。
その中の「河津桜」見られましたか?きれいでしたね。
「河津桜」は早咲きで開花から約3週間ほど咲き続けます。
同じ時期に「桜桃:おうとう」も咲いていましたが,こちらは桜の実「さくらんぼ」が実ります。
さくらんぼは6月下旬頃,食べ頃になります。

早咲きの桜の見頃はもう終わってしまいましたが,これから「枝垂桜」に「ソメイヨシノ」,「山桜」などが咲き始めますので,まだまだ楽しめますよ。

桜の語源は色々ありますが,その一つに,『さくらの「さ」は穀霊を表す古語。さくらの「くら」は神霊が鎮座する場所。』というのがあります。

昔から桜の開花が農作業の目安の一つになっていたことを思えば,桜に実りの神が宿るというのも分かりますね。

実り多い年になりますように。

 

ページの先頭へ戻る